FC2ブログ
*おいしかったこと、楽しかったことなどの記録*
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
塩パン
2016年03月17日 (木) | 編集 |
塩パンブームでしたね。
そろそろ下火なイメージですが
いろいろ食べた中でのワタシ的No.1がPAULのパン・サレです。



生地にジャガイモが練り込まれているので
トースターで温めると
外側がパリッと中はもっちり。

マーガリンを使っている塩パンが多い中、これは発酵バターを使っているらしいです。

また買おうっと(๑´ڡ`๑)


パンと言えば、はいどさんのブログで見た抹茶あずきの食パンがおいしそうだったので作ってみようと思いました。



しかし!

出来あがったのは…



ホームベーカリーで作り始めたのですが
甘納豆を投入する際、誤って乾燥剤も入れてしまいました。

あっという間に生地に練り込まれていきます。

うちのHB、かなり古いので途中で止めることが出来ず、止むを得ずコンセントを抜く羽目に…

甘納豆も原型をとどめることなく粉々になるし(T_T)

ということでこね方も足りず、発酵にかなり時間がかかったし、固めの出来上がりでした。


味は悪くはないと思うけど抹茶の香りもほとんどなくなるし、残念な結果となりました。

抹茶は普通に飲むことにします。(*´ェ`*)っ旦~
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
こんばんわ 私がそもそもホームベーカリー使うようになたのは市販のパンがほとんどマーガリンやショートニングを使って作られてるからでした。その為酸化防止にビタミンCなどや酸化防止剤などが多く入ってたり要らない物が多く入ってるんですね 
ふわふわもちもち生地も均一だったり日持ちもするんですが毎日食べるには不安がありました。
発酵バター使ってるパンは市販品としては珍しいですね。
最近は高かったり手に入りにくいので発酵バター使ってませんが通常のバターより風味がバターらしく出来上がりますのでまた使いたいですね
抹茶小豆パン写真だととても美味しそうですよ
失敗作には見えませんw
小豆はどうしてもつぶれてしまうので手で混ぜた方がいいです 荒混ぜ機能を試したのが前回の物ですが
やはりちゃんと形が残ってる方がいいと思います。
ホームベーカリーで混ぜるには制作工程の時間を知っている必要がありますね
捏ね工程から一次発酵と行われ生地の休みエア抜きから二次発酵→焼となりますが
二次発酵前にケースがら取り出し小豆等を混ぜ 羽を取り外しケースに戻して焼き上がりを待ちます
捏ねの工程の終わる時間を把握しておけば捏ねが終わり次第ケースから取り出しますがパナソニックの私の場合はその時間が開始から二時間くらいです。できあがり時間が表示されるので残り二時間を目安に取り出してます。(全行程がおおよそ四時間なので)
パン捏ね台に打ち粉して麺棒で延ばして広げ小豆等の具材を均一になる様に折り込んでます。
その時に気泡も抜き二次発酵のためケースに戻しますがもう混ぜる必要は無いので羽も外します。
(パナソニックではエア抜きのため数回羽が回りますので)
取り出せる時間戻す時間が把握できればいろいろアレンジできますよね。
パナソニックでは開始から120分で取り出せることが出来ます。
戻すのは160分まで この40分間の間に作業できればOKって感じです。
2016/03/19(土) 19:47:35 | URL | はいど #-[ 編集]
はいどさん
はいどさん直伝のセブンプレミアムの甘納豆2パック購入して
トライしたのですが自分的に納得いきませんでした(´・ω・`)
うちのホームベーカリー16年選手なので、具材投入後の捏ねの工程で
もしかすると豆がつぶれるかもしれないなーと思っていたら
案の定あっという間でしたw
幸い1パックだけ投入したので手ごねの時、いくつか後から入れることが出来ましたけど・・・

はいどさんのブログや、コメント読ませてもらって
益々新機種への買い換え意欲がわいてきましたよ。
メーカーはパナソニックで決まりです(`・ω・´)b
そしてコメントのアドバイスを参考にしてリベンジします!
2016/03/19(土) 22:48:10 | URL | エリ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック