FC2ブログ
*おいしかったこと、楽しかったことなどの記録*
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
泣けました(;つД`)
2006年06月03日 (土) | 編集 |
あまりにいろいろなブログで「イイ、イイ」というのを
目にしたので買ってみた『東京タワー/リリー・フランキー』を
読み終えました。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー (2005/06/28)
扶桑社

この商品の詳細を見る


前にTVで著者のリリー・フランキーさんを見た時、
ちょっとチャラチャラした人だなぁというイメージでした。
内容もさぞかし軽いモノかと思ってたのですが…

もう後半は涙が止まらない。
思い出しただけでもウルッときます。(´;ω;`)

読書感想文は大の苦手なのでうまく書けませんけど
オカンのボク(息子)に対する愛情の深さがステキで
息子もそんな愛情をいっぱい受けて育ってるので
充分オカン思いです。

親子関係の話なんだけど泣かされました。
なぜなのかはよくわからないんだけど…

「親孝行 したいときに 親はなし」
とならないように親孝行しておかないといけません。(`・ω・´)

あと表現がとてもきれいなんですよね。
こんなに繊細な文章を書く人なんだと思うけど
第一印象とはまるで違ってステキに見えます。(ノ´∀`*)

この前、本屋さんに行ったらまだ山積みでしかも2列積んでありました。
ベストセラーなワケがわかります。

読書苦手な私がもう一度読みたいと思った一冊でした。

そしてオカンのようにぬか床は毎日しっかりかき混ぜなくちゃいけないと
思ったのでした。(;・∀・)
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
おはようございます
東京タワー とにかく読後感のとってもいい本ですよね
最後のページ閉じた時 あーいい本だった もう一回またゆっくり読もう こう思えた本に出会えたのは久しぶりだったのです
ボクの目から見たオカンが限りなく優しい愛情で描かれていて
誰もがそれぞれのオカンから産まれているという当たり前のことを
改めて思い出してくれる そして自分のオカンに優しい気持ちを思い起こさせてくれる そんななんともすばらしい本ですね
まだの方 ぜひお薦めです(エリさんとこで宣伝しちゃいました)
2006/06/03(土) 10:51:57 | URL | べ☆でぃ #-[ 編集]
べ☆でぃさんへ
そうですね。ホントにそうです。
親子の愛情って日常に埋もれがちだけど
この本で思い出させてくれますよね。
産んでくれてありがとうって。
読んでみてホント良かったです。(≧∇≦)
2006/06/03(土) 11:09:44 | URL | エリ #S93m/Cvc[ 編集]
おお、読まれましたか。私はこの本を借りて読もうとしたの
ですが、返却期限に間に合わず半分くらいで止めました。
話としては、確か大学時代の途中だったような…。人の
感想を読むと、続きが気になりますねー。
2006/06/03(土) 14:41:41 | URL | ガチャピン #GCA3nAmE[ 編集]
わぁ。とうとう読んだんですね^^
いい本に会えると、ホントうれしくなりますよね。
映像にもなるみたいなので
楽しみです^^
2006/06/04(日) 16:01:46 | URL | なっちゃん #CqS8Ck7o[ 編集]
ガチャピンさんへ
ガチャピンさんは途中でやめっちゃったんですか~
もったいない…
大学時代と言ったらダラダラ期ですね。
そんなときでもオカンは遠くから支えてくれてました。
機会があったらぜひ最後まで読んでみてください。
何か心に響くモノがあるといいんだけど…
2006/06/04(日) 18:03:24 | URL | エリ #S93m/Cvc[ 編集]
なっちゃんへ
読書もいいですね~
なっちゃんのブログでも結構本の話題があるので
刺激もらってます。

お次は「ダ・ヴィンチコード」3冊いきまーす!
映画は確かに本を読んでからの方が良かったような…
これから映画では見えなかった部分がより鮮明になってくることを
期待しつつ読みたいと思います。('◇')ゞ
2006/06/04(日) 18:31:37 | URL | エリ #S93m/Cvc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック